沖縄産とタイ産のクラチャイダムの違い

人気のあるクラチャイダムサプリはタイ原産の原料が使われているのが多いですが、沖縄産のクラチャイダムもあります。

 

では、今回は沖縄産とタイ産のクラチャイダムの違いについて解説します。

 

クラチャイダムの沖縄産とタイ産の違い

精力増強・滋養強壮などの効果があるということで男性向けの精力剤やサプリメントなどに含まれていることが多いのが、クラチャイダムと呼ばれているハーブです。

 

ハーブなので服用する事による副作用の心配もないですし、その効果は昔から実証されていると言う事でほとんどの精力剤関連のものに含まれている成分としても知られています。

 

そんなクラチャイダムには沖縄産とタイ産の2種類のものがあり、日本で使用されているものは黒ウコン・黒ショウガなどの呼び名で沖縄産のものが多いと言う傾向があります。

 

では沖縄産とタイ産のクラチャイダムには何か違いがあるのかというと、基本的にはどちらも同じものとなっているので大まかな分類としての違いはないとされています。

 

 

ただし栽培地の土壌によって蓄えられる栄養には差が出てくるため、違いとしては含まれている成分や栄養素の量や傾向だと言われています。

 

クラチャイダムの成分に違いがある?

栽培された土壌の違いにより沖縄産のものは抗酸化作用の強いアントシアニンが多く含まれているという特徴があり、精力増強や滋養強壮としての効果以外にも健康食品としての一面が強いと言う傾向があります。

 

特にアントシアニンの抗酸化作用は美容にもいいという点があるので、男性だけではなく女性にとってもメリットがあるというところから女性向けの商品にも使用されていることがあるようです。

 

それに対してタイ産の場合は精力成分として知られているアルギニンが多く含まれているという特徴を持っていて、それによって滋養強壮や精力増強効果に特化した製品に利用されることが多くなっています。

 

そのためタイ産のクラチャイダムを使った精力剤やサプリメントは沖縄のものと比較すると効果が高いと言う事で人気がありますし、高品質であるという点もメリットとして言われているようです。

 

沖縄産のクラチャイダムは女性に好まれる

このようなことから沖縄産の場合は健康食品として弾性だけではなく女性も服用する事が多い反面、元々の効果である精力増強や滋養強壮が弱くなっていると言うデメリットがあります。

 

そしてその部分がタイ産との大きな違いだと言われているので、同じクラチャイダムを有している精力剤やサプリメントであってもどちらが原産地なのかによって効果の発揮具合や用途が異なっているわけです。

 

つまり精力剤としての効果を期待したい場合はタイが原産地のものを使用することがおすすめされているので、どちらの原産地のものが含まれているのかというところも確認してから購入する事が大切です。

 

当サイトでご紹介しているクラチャイダムサプリはタイ原産ですので精力増進や滋養強壮に期待できまうので安心してください。

 

⇒クラチャイダムサプリランキングはこちら